シワは保湿だけでは改善しない!うるおいより大事なスプリングケアとは

「シワは乾燥によってできる」多くの人はそう思っています。

たしかに乾燥によってできるシワもあります。

ですが全部のシワがそうとは限りません。

実は女性が気にするシワの多くは乾燥ではなく、加齢による真皮のコラーゲンの減少によってできるものなんです。

そのためいくら保湿ケアを行っても、それだけでは補うことができないのです。

そこで今回は、保湿だけではカバーできない加齢によってできる深いシワの対策方法を紹介していきます。

肌の弾力はコラーゲンで支える!シワ対策のカギはスプリング構造の強化

コラーゲンの主な役割としては、いわばベッドのマットレスのスプリングのような、肌の弾力を支えることです。

しかしその弾力(コラーゲン)は年齢とともに減少したり変性したりしてしまい、通常の構造がどんどん保てなくなっていきます。

そうなると、スプリングの壊れたマットレスと同じように凹みができてしまいます。

その結果、肌表面に深いシワとしてあらわれるようになるのです。

こういった深いシワにいくら保湿ケアを行っても角質にうるおいを与えるだけで、真皮のコラーゲンを増やすことはできません。

そのためこういったシワには、肌内部のコラーゲンを増やし、肌のスプリング構造を強化していく必要があります。

食べたり飲んだりしても肌に影響するコラーゲンは作れない?!

では早速コラーゲンを増やしていきましょう!

と言いたいところですが、コラーゲンの増やし方ってあまりピンとこない方が多いと思います。

まずコラーゲンを増やすとなると、多くの人はコラーゲンドリンクを飲んだり、鶏肉を食べたりしようと思います。

しかし残念ながらこれ、あまり意味がないんです。

というのも、コラーゲンなどのたんぱく質はすべて消化された後アミノ酸となり、小腸から吸収され、必要に応じて皮膚や筋肉・脂肪などの様々な組織につくられます。

何をどのくらいつくるかは、主にホルモンがコントロールしています。

しかし年齢とともに女性ホルモンは減り始めるため、いくらコラーゲン食材をとったとしても、ホルモンの生産力が衰えているため、コラーゲンを増やすことが難しくなるのです。

ではどうすれば効率よくコラーゲンを増やせるのでしょうか?

それは“コラーゲンを増やす働きのある成分の入った化粧品を取り入れる”ことです。

ここで勘違いしてもらいたくないのが、“コラーゲン入りの化粧品”ではないということです。

コラーゲンは分子が大きいため、肌に直接塗ったとしても肌の奥の真皮にまでは浸透してくれません。

そこで、コラーゲンを増やす働きのある成分の入った化粧品を取り入れることが、効率よくコラーゲンを増やすコツになります。

コラーゲンを増やす成分はいくつかあるのですが、その中でも実際に効果が高いとされているのがビタミンC誘導体」「ナイアシン(ビタミンB3)」「レチノール(ビタミンA)の3つです。

これらの成分は、真皮にまでしっかり浸透してくれて、コラーゲンを生み出す繊維芽細胞の働きを活性化させるので、コラーゲンの生産を促進します。

それぞれの成分をさらに詳しく見ていきましょう。

ビタミンC誘導体

ビタミンCはそのままでは肌に吸収されにくいため、肌に入りやすいように変えられたのがこの「ビタミンC誘導体」です。

体内のコラーゲンの合成に必要な成分で、美白効果や皮脂抑制作用、さらには抗酸化作用など、肌にとってとてもいい働きをしてくれる万能な成分です。

クリームより水に配合した方が安定しやすいため、化粧水で使うのがオススメです。

その際「リン酸アスコルビル」や「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」と表記のあるものだと浸透力が高く有効です。

朝晩のスキンケアの際に顔全体に使っていきましょう。

またイオン導入器(美顔器)を週に1~2回程度取り入れると効果がより高まります。

ナイアシン(ビタミンB3)

ビタミンCと同様、コラーゲンの合成を高めて肌代謝を活性化させ、肌にハリを与えます。

ビタミンCやレチノールと比べて刺激が少ないので、肌が弱い方や敏感肌の人に向いています。

水溶性の成分なので、化粧水や水性タイプの美容液に含まれていることが多いです。

朝晩のスキンケア時に顔全体に使っていきましょう。

レチノール(ビタミンA)

レチノールはビタミンAの一種で、肌のターンオーバーを促しコラーゲンを増やす作用があります。

美容液やクリーム、とくにアイクリームの中に配合されていることが多いです。

目元の小ジワや浅いシワに有効です。

ほうれい線や額のシワなどの深いものに使うことはできますが、そこまでの劇的な効果はあまり期待できません。

また少し刺激が強いので、肌が弱い方は注意して使ってください。

使用すると肌がカサつくこともあるので、どうしてもそれが気になる方はビタミンC誘導体かナイアシンの方に切り替えた方が良いです。

さらにレチノールは、ピーリングを行った後に使用するとより浸透力が増しすのでオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする