エイジングケアの正しい順番は?|気になる疑問を解決

エイジングケアをするにあたっていろんな情報が溢れているため、どれが正しい情報なのかが分からないという人も多いと思います。

そこで、エイジングケアのこれってどうなの?という疑問について詳しくお答えしていきたいと思います。

エイジングケア化粧品はラインでそろえた方が効果は上がるの?

化粧品はあえてラインをそろえる必要はありません。

化粧品は医薬品と違って、他社のものと混ぜたら危険だとか、そういったことはありません。

またラインをそろえたからといって、効果が上がるというわけでもないんです。

大事なのは、自分の改善したい目的に必要な成分が配合されているかどうか、ということです。

成分に注目しながら自分に合ったものを探し、選択しましょう。

シワやたるみを予防するためにはリンパマッサージは必要ですか?

リンパマッサージをすることで、リンパ液の循環を改善し血行を良くしてむくみを減らす効果があるため、シワやたるみを減らす効果が期待できます。

しかしリンパマッサージを含めたフェイスマッサージは技術を要するため、素人が自己流で行うと、かえって肌を傷めたり、シワを作ってしまうこともあります。

マッサージをするのであれば、保湿美容液などを使い、肌に負担をかけない程度の力で行いましょう。

不安な方はプロにお任せするのが一番安心です。

化粧品はしっかりたたきこんだり、下から上へ持ち上げるように塗ったりしたほうが効果的ですか?

化粧をするとき、たたいたりこすったりして肌に刺激を与えてしまうのはよくありません。

摩擦などによって色素沈着し、シミができてしまうこともあります。

化粧品をつけるときは、中指と薬指を使って肌になじませるようにやさしく塗るようにするといいでしょう。

紫外線は目から入ってくるって本当?それが原因でシミにもなる?

正確に言えば、紫外線がはいってきたという情報が目から脳に伝わることでシミを生み出してしまいます。

というのも、脳に伝わることで脳が紫外線から体を守るようにとホルモンに命令を出しますが、その際ホルモンがメラノサイトを刺激してしまい、その結果メラニンがたくさん作られてしまうのです。

また紫外線が目に入ることで、シミ以外にも白内障や翼状片など目の老化を促進させてしまうこともあります。

外出時はサングラスをしたり、帽子で保護するなどして紫外線を防ぐようにしましょう。

顔の善玉菌を落とさぬよう洗顔をあまりしない方がいいと聞いたのですが・・・

肌の善玉菌というのは、雑菌の繁殖を防いだり、肌表面の健康を保ったりなどの役割があります。

たしかに洗顔をすることによってある程度の善玉菌が失われることはありますが、すべてなくなるわけではありません。

少しでも残れば菌は秒単位で分裂をし増殖するので、また元通りの善玉菌を作り、肌表面を覆ってくれます。

むしろしっかり洗顔せずに外から付着した雑菌を放置するほうが肌にとっては悪影響です。

そのため洗顔はしっかりめに行った方がいいです。

善玉菌を失うことを恐れずに、入念なケアをしていってください。

エイジングケア化粧品の正しい手順はあるの?

エイジングケア化粧品には、顔全体に使う化粧水から、気になる部分を重点的にケアするアイクリームなど様々です。

そのため使う順番に悩む人もいると思います。

基本的には顔全体に塗る化粧水を先につけ、そのあとから部分的なケアをしていった方が、広がりを避けることができるのでいいでしょう。

ただアイクリームなどはものによってはスキンケアの前につけるよう指示があるものもあります。

使用前によく確認しましょう。

また油性の化粧品を先に塗ると、あとから塗った水性の化粧品をはじいてしまうので、水性の方から先に塗るといいです。

ただ最終的には肌の上で混じるので、順番にはさほど神経質にならなくていいといえます。

高い化粧品ほど効果的?

「高い化粧品の方が効き目がある!」多くの人はそう思っているはずです。

化粧品の価格ってピンからキリまであって本当に選ぶのが難しいですよね。

ただなるべくお金はかけずに効果的なものを使いたい!それが本音だと思います。

ですが標準価格(だいたい3,000円~10,000円)より下のものは、使用できる成分も限られてくるため、効果もそれなりにしか実感できないのが現状です。

実はあまり知られていませんが、化粧品の原料にもグレードがあって、同じ成分でも効果や安定性に差があります。

そのため同じ成分が表記してあっても、安価なA商品よりも、高価なB商品の方が効き目が高いということもあり得るんです。

ただ10,000円以上の高級ブランドが出している化粧品は、ブランド力などもあって、原料以上に高価な場合があります。

そのため「高いから」「○○のブランドが出しているから」という理由だけで効き目があるとは思わない方がいいです。

オーガニックコスメは肌にやさしい?

オーガニックと聞くと、なんとなく肌にやさしそうなイメージを持ちますよね。

ただオーガニックコスメは医学的に決して肌にやさしいとは言えません。

というのも植物エキスは、科学構造が複雑になっているので肌につけるとかぶれやすく、添加物も多いため、敏感肌の人には残念ながら少々不向きなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする