乾燥肌に与えるべきは保湿成分。水分を与えて油分でフタはもう古い!

「保湿」は、エイジング対策に欠かせない大事なケアです。

肌の乾燥はツヤや透明感が無くなるだけでなく、バリア機能を低下させたりするため、肌荒れや老化の原因にも繋がっていきます。

しかしいくら保湿ケアをしても、「乾燥肌がなかなか改善されない」という方もいますよね。

もしかするとそれ、間違った保湿ケアをしているかもしれません。

そこで今回は、勘違いされやすい保湿ケアの正しいやり方について紹介していきます。

保湿の落とし穴。あなたの保湿ケア間違っていませんか?

まずは多くの人がやりがちな下記の保湿ケア。

  • 化粧水をたっぷりつける
  • 化粧水をシートマスクでじっくり浸透させる
  • 乳液でフタをする

実はこれらの行動、すべてNGなんです。

保湿といえばまず多くの人が「化粧水」を思い浮かべますよね。

しかし化粧水の大部分は“水”です。

水はすぐに蒸発してしまうので、保湿としての効果はほとんどありません。

そのため何度も大量の化粧水をつけると、かえって肌の乾燥を招くことに繋がります。

シートマスクも同様です。

時間の経過とともに蒸発していくのでそこまで効果は期待できません。

また化粧水をつけたあと、乳液などの油分で水分が蒸発しないようフタをする方も多いですが、たっぷり塗っても結局はその間をすりぬけて水分は蒸発してしまうんです。

保湿成分「セラミド」で乾燥肌を脱却!

ではどうしたら肌が保湿されるのでしょうか?

その答えは「セラミド」という成分にあります。

肌にはみずから保湿物質を作り出し、角層に水分を蓄えておく力があります。

しかし、年齢や生活習慣によってその力は薄れていきます。

そこでその働きを補うため、水分を蓄える働きを持っているセラミドを活用し、肌にうるおいをもたらし保湿成分を補っていきます。

よく耳にするヒアルロン酸やコラーゲンも保湿成分のひとつですが、セラミドの方が水分保持力が高いといわれています。

まずはセラミドが配合されている化粧品を取り入れていき、乾燥肌から脱却していきましょう。

セラミド化粧品の選び方

セラミドは、美容液やクリームに配合されていることが多いです。

ただセラミドは化粧品の原料としては比較的高額です。

そのため化粧品自体の価格が安いと、いくらセラミドが配合されていると書いてあっても、微量しか含まれていない可能性が高いです。

目安として3,000円以上のものを選んだ方がいいでしょう。

保湿成分の「はさみ込む」「抱え込む」「つかむ」の3つのタイプを知る

保湿成分にはセラミドをはじめ、コラーゲンやヒアルロン酸など他にもいくつか種類があります。

これらはすべて保湿成分なのですが、それぞれ水分を「はさみ込むタイプ」「抱え込むタイプ」「つかむタイプ」の3つのタイプに分かれています。

それぞれの特性や特徴をまとめてみました。

水分をはさみ込むタイプ

このタイプは、水をサンドイッチ状にはさみ込んで、しっかりキープさせる性質があります。代表的な成分は「セラミド」で、最も水分保持力が強いです。

セラミド 水素添加大豆レシチン
細胞間脂質の約40%を占めて
いる。水分をしっかりはさみ込むためキープ力が強く、保湿成分のなかで最も強い物質です。
大豆から抽出される成分。
スフィンゴ脂質 ステアリン酸コレステロール
セラミド以外の細胞間脂質。
保湿力はセラミドに比べれば劣る。
セラミド以外の細胞間脂質。
保湿力はセラミドより弱い。

水分を抱え込むタイプ

このタイプは、角質内での保湿成分として働きます。

湿度が下がったとしても、水分をしっかり抱え込んだままキープしてくれます。

スキンケアアイテム以外にも、ボディケアアイテムやハンドクリームにもよく配合されています。

ヒアルロン酸 エラスチン
真皮にあるゼリー状の物質。200~600倍の水分を蓄える力がある。敏感肌の人にもオススメ。 これも真皮にある物質で、保湿力が強く、化粧品にも配合されることがある。
コラーゲン ヘパリン類似物質
真皮では弾力を保つ働きを持っているが、化粧品として配合される場合は保湿成分となる。しかし残念ながら真皮までは吸収されない。 血液中のヘパリンという成分に水分含有力があることから、類似の成分を保湿成分として応用したもので、医薬品にも使われている。

水分をつかむタイプ

このタイプは、水分を吸湿する性質がありますが、冬場など湿度が低いときには保湿力が下がってしまうというデメリットもあります。

天然保湿因子 PG(プロピレングリコール)
角質細胞内にある水溶性の成分。アミノ酸や尿素など、約20種類の成分で構成されている。
保湿力は強くないが、サラッとしていて詩ようかんがいいため化粧水に配合されることが多い。
多価アルコールで、吸湿性に優れ、化粧品によく使われる。
残念ながら保湿力はさほど強くはない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする