抗酸化化粧品で活性酸素によるサビつきから肌を守る

人間が呼吸をしたり体を動かしたりすることで、体内には「活性酸素」というものが発生します。

この活性酸素は、健康な細胞を酸化させてサビつかせたり、傷つけたりするため、肌を老化に導いたりする非常に厄介なものです。

ただ人の体には幸運にも、この活性酸素を分解する酵素や補酵素が備わっています。

しかしこの抗酸化力は年齢とともに力が低下していくため、徐々に活性酸素を処理しきれなくなり、結果肌の老化が進んでいってしまうのです。

そこで、その活性酸素から肌を守るために開発されたのが「抗酸化化粧品」です。

今回はこの抗酸化化粧品の成分や仕組みなどについて紹介していきます。

エイジング肌の強い味方「抗酸化化粧品」で活性酸素を抑える

抗酸化化粧品は、活性酸素の働きを抑制し、シミ・シワ・毛穴の開きなど肌のさまざまな悩みを予防するのに役立つエイジング肌の強い味方です。

日頃のスキンケアに抗酸化作用のある成分が配合された化粧品を使っていくことで、今後のエイジングを遅らせることができます。

化粧品に使われる抗酸化作用のある成分を以下の表にまとめてみました。

ビタミンC誘導体 ナイアシン(ビタミンB3) カテキン
ビタミンCを肌に吸収されやすい
ように変えたもの。抗酸化作用のほか、美白作用や抗炎症作用などがある。
肌代謝を活発にし、コラーゲンやセラミドの合成を高める。 フラボノイドの一種でお茶の成分。
抗酸化・老化防止とともに美白や保湿、日焼け予防の効果もある。
リコピン アントシアニン レスベラトロール
強い抗酸化作用を持ち、紫外線
を浴びることで肌に生じる活性酸素を除去する。メラニンの生成を抑制し、美白効果もある。
植物界に広く存在しており、花や果実の色を作り出すもととなっている。抗酸化力が高い。 ぶどうの皮などに含まれるポリ
フェノールの一種。活性酸素を除去し、美白効果やシワ改善の効果ももたらす。
アスタキサンチン 油溶性甘草エキス オウゴンエキス(漢方薬)
強い日差しから組織や細胞を
守ってくれる。抗酸化力が非常に高く、美白効果のほか、コラーゲンの生成を助ける効果がある。
強い抗酸化作用とメラニン生成
の抑制、美白効果などがある。また抗炎症作用もあり、のどの痛みなどにも効果がある。
消炎・収れん・保湿・抗菌作用などのほか、抗酸化作用や日焼け予防・美白効果などもある。

こういった成分が入った化粧品を選んでいくと、活性酸素の活動を抑制することができます。

毎日のスキンケアの積み重ねで、今後の自分の肌年齢が決まるので、化粧品選びは慎重におこなっていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする