目のくまの正しいエイジングケア|原因に沿った対策方法をご紹介

いつも疲れたような顔や老け顔に見せてしまう目のクマ。

今すぐにでも消したいけど、くまのケアってどうやってするの?と知らない人も多いはず。

そこで今回は、3種類のくまとその原因に合ったケア方法や、目立たなくさせるメイクテクニックなどについて紹介していきます。

3種類のくまとその原因・ケア方法|あなたのくまはどのタイプ?

くまができたとき、どんなケアが思い浮かびますか?

よく知られているのが、ホットタオルで目元を温めたり、目元をマッサージしてみたりなどですよね。

しかしくまには3つの種類があり、それによってケア方法も異なってきます。

まずは3つのくまについて、それぞれに特徴を詳しく説明していきます。

  1. 青ぐま
  2. 黒ぐま
  3. 茶ぐま

青ぐま

青ぐまは、寝不足や冷え症などで血流が滞り、下まぶたの静脈が青黒く透けて見える特徴があります。

指で皮膚を引っ張ると薄くなりますが、完全に消えることはありません。

ただメイクによってカバーすることは可能です。

黒ぐま

黒ぐまは、下まぶたの皮膚が老化によってたるみ、影をつくることで黒っぽく見える特徴があります。

影なので、指で皮膚を引っ張ったり上を向いたりすると薄くなります。しかしメイクではカバーすることが難しいです。

茶ぐま

茶ぐまは、目をこすり過ぎるなどの刺激によって色素沈着を起こし、さらに角質肥厚によって茶色く見える特徴があります。

色素沈着なので、指で皮膚を引っ張っても薄くはなりません。ただメイクでカバーすることは可能です。

適度な運動やツボ押しで青ぐまを撃退!血行をよくすることがポイント

青ぐまができる人の主な原因は血行不良です。

そのため適度な運動やツボ押しなどで、血行を促進していくことが大事です。

中でもウォーキングは簡単で、空いた時間にすぐできるのでオススメです。

普段長時間パソコンを見ている人は、合間に肩や首をほぐしていったり、上体をそらす、足を屈伸させるなどのストレッチを行うことも大事です。

ただ青ぐまは生まれつきの要素が強いため、なかなか消すことが難しく、少々厄介です。

そういった場合は、メイクでカバーしていきましょう。

くまをカバーするメイクテクニックは後ほど紹介していきます。

また目元まわりの血流をスムーズにする手段として、マッサージやツボ押しがあります。

ただ目の周りのマッサージを素人がすると、かえって肌に刺激を与えてしまう恐れもあるので、ホームケアはツボ押しをオススメします。

くまに効くつぼは全部で3つです。

  • 睛明 (せいめい)
  • 球後 (きゅうご)
  • 四白 (しはく)

睛明(せいめい)は、左右の眼がしらの少しはなよりにあるくぼみの部分を指します。

次に球後(きゅうご)は、左右の目尻から、四分の一ほど目頭側に入ったところの骨のふちの部分を指します。

最後に四白(しはく)は、瞳の真下の骨のふちから指幅1~1.5本ほど下にあるくぼみを指します。

このツボ押しをする際のポイントが4つほどあります。

  1. 洗顔後をして化粧水、美容液などのスキンケアを行ったあとで行うこと
  2. 上に押し上げるときは親指、それ以外は中指で押すのが基本
  3. 3秒押してパッと離すのが1セット
  4. 3箇所のツボをそれぞれ1日3~5セット行うこと

下まぶたのたるみを解消して黒ぐまの気にならない若々しい目元へ

黒ぐまのできる主な原因は、下まぶたの皮膚のコラーゲンが減って薄くなることです。

このコラーゲンを増やすために重要なのがレチノールです。

レチノールとはビタミンAの一種で、細胞を活性化しコラーゲンを増やす作用があります。

黒ぐまを撃退するには、このレチノール配合の化粧品を使ってお手入れしていくことが効果的です。

さらにそれに合わせて週に1~2回定期的にピーリング(角質ケア)を行っていくことでコラーゲンの産生機能がアップし、レチノールの効果をさらに高めてくれます。

ただレチノールは紫外線にあたると効果が薄まるので、お手入れは夜にするのがオススメです。

ピーリングや美白成分でのスキンケアで茶ぐまの原因メラニンを排せつ!

目の周りをこすったりして肌に刺激を与えることによってできる茶ぐまは、ビタミンC誘導体やカモミラET、油溶性甘草エキス(グラブリジン)などが配合されている美白化粧水でケアを行っていきましょう。

イオン導入器と組み合わせるとより有効的に作用してくれます。

また茶ぐまの原因でもあるメラニンを排せつするため、ピーリングを取り入れると、余分な角質を除去してくれるおかげで目元のくすみを効果的にケアしてくれます。

さらに目をこするくせでまぶたの皮膚が厚くなったり硬くなっている人にもピーリングは効果的ですよ。

くまを目立たなくさせるメイク術|固形コンシーラーでしっかりカバー

くまをメイクでカバーするには、肌への負担が少ない固形コンシーラーを使うことをオススメします。

カバー力に長けているので、少量でもしっかりカバーしてくれますし、仕上がりも自然なので安心です。

指の腹で気になる部分にトントンとなじませるようにつけていきましょう。

仕上げにフェイスパウダーを軽く全体にはたいたら完成です。

ファンデーションでもいいのですが、厚塗り感が出てしまう恐れがあるので、フェイスパウダーの方がいいでしょう。

ポイントメイクで視線を誘導!くまからうまく視線をそらさせるために

くまを目立たせないために、ポイントメイクを強化して視線を誘導させるのも一つの方法です。

その名も「視線誘導テクニック」。

アイラインをしっかり入れたり、口紅を明るくつややかにしたりして、自然とそこに視線をいかせることでくまを目立たなくさせるという方法です。

この方法だと、コンシーラーで消せるくまにも消せなきくまにも対応ができます。

くまに関するQ&A|気になる疑問を解決!

最後に、くまに関するよくある疑問についてお答えしていきます。

くまは遺伝しますか?母にもあるのですが・・・

青ぐまと黒ぐまは、遺伝性のあるくまと言われています。

血行不良によってできる青ぐまは、言ってしまえば体質でもあるので、遺伝である可能性は十分に考えられます。

冷え症や生理不順などの血液循環の悪い人は、東洋医学では「瘀血体質(おけつたいしつ)」と呼ばれ、これに当てはまる人はくまがでやすいとも言われています。

しかしこういった体質であっても、適度な運動や食事の改善、漢方薬などである程度の改善は見込めます。

朝起きたときだけくまが目立つのですが、なぜですか?

考えられる原因は「むくみ」です。

むくみによって下まぶたが腫れぼったくなった結果、その影がくまに見えるのです。

疲れが溜まっている時や、前日に水分や塩分を取り過ぎた時に起こりやすいです。

普段からむくみやすい人は、日頃から塩分や水分を控えてみたり、本文中で紹介したツボ押しを実践してみたりしてみると、変化があらわれるかもしれません。

睡眠をたくさんとってもくまが消えません。どうしてなのでしょうか?

くま=睡眠不足と思われがちですが、決して睡眠不足だけがくまの原因とは限りません。

本文中でも何度か紹介したように、血行不良や老化によるたるみ、皮膚に刺激を与えたことによる色素沈着など、くまの原因は様々なんです。

そのためいくら睡眠をとってもくまが消えないこともあります。

睡眠で治らなければ他の原因と考え、それに合ったケアを試してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする