肌の老化をピーリング化粧品で阻止!古い角質を除去して肌を再生させる

肌の老化は、年齢とともに周期が遅くなるターンオーバーと深く関係しています。

ターンオーバーが遅くなると古くなった角質がどんどん溜まり、皮膚を厚くしていって、肌にくすみを生みます。

同時にメラニンを排出する作用も低下してくるので、シミができる原因にもなります。

そこで重要になってくるのが、肌のターンオーバーを正常にさせること、すなわち「ピーリング」です。

今回はこのピーリングについて紹介していきたいと思います。

ピーリングで肌の代謝をアップ!肌の若返り効果に期待

ピーリングとは、酸などを使って古くなった角質を取り除き、肌の再生を促す美容法で、肌の老化にトータルで働きかけてくれます。

ピーリングをすることによって肌の代謝がアップし、肌に若返り効果をもたらせてくれます。

また真皮にコラーゲンを増やし、メラニン色素の排せつを促す作用もあります。

その結果、シミ・シワ・たるみ・くすみ・毛穴の開きなど、様々な肌の悩みを改善に導く効果が期待できます。

ピーリングというと少し刺激が強いイメージですが、近年は安全性が確立され、皮膚科などでもピーリングが導入されるようになりました。

家庭用にも肌にやさしい製品がたくさん出ているので、自分の肌質と相談しながら決めていってみてください。

中でも洗い流せるタイプがオススメです。

ゴマージュやスクラブタイプのものは、肌を摩擦して傷めてしまう危険性があります。

肌になるべく負担をかけないようにしましょう。

週に2回ほどを目安に、定期的に行うと有効です。

正しいホームピーリングで効果的に作用させる

ピーリングを効果的に行うための、正しい手順を紹介していきます。

1.ピーリング化粧品をTゾーンにのせる

ピーリング化粧品を適量手に取り、乾いた肌にのせます。

最初は、顔の中でも肌が比較的強いTゾーンから塗っていきます。

やさしくマッサージをするように軽くなじませていってください。

2.Uゾーンは肌が弱いのでよりやさしくのせる

Uゾーンは顔の中でも比較的肌が弱く薄い箇所なので、中指と薬指を使ってやさしくなじませていきます。

なるべくのせておく時間を短縮させるため、Uゾーンは一番最後に塗るようにするといいです。

3.よくすすぐ

顔全体に塗り終わったら、ぬるま湯でよくすすぎます。

洗い流したらタオルで水気をやさしく拭き取ります。

このときゴシゴシとこすらないなように注意してください。

やさしく押さえるようにして水気を取りましょう。

4.しっかり保湿ケアをする

ピーリングが終わった後は肌が乾燥しやすい状態になっているので、セラミド配合などの保湿美容液をたっぷり顔を包み込むようにやさしくつけて一通り終了です。

ピーリング後は肌が敏感になっているので、マッサージやパックなどの肌に刺激を与えることは2,3日控えてください。

また紫外線の影響を受けやすくもなるので、外出時は紫外線対策をしっかり行うようにしてください。

肌が弱い・敏感肌の人でも安心してピーリングを行うために

ピーリングをしたくても、肌が弱い人や敏感肌の人は、肌荒れが正直心配ですよね。

しかし、敏感肌の人でも安心してピーリングが行える方法がいくつかあります。

そのコツを紹介します。

  • 肌を水で濡らしてからピーリングをおこなう
  • ピーリング化粧品を水で薄める
  • 使用時間を短めにする

上記に挙げた方法を行えば、刺激を弱めることが出来るので、安心して使うことが出来ます。

通常の濃度のピーリング化粧品を使用して赤みが出たことがある方は、このやり方を行えば緩和されますよ。

ぜひ試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする