シミを目立たなくするメイク術|美白化粧品で徐々にしみを薄くする

シミができてしまうと、とりあえずメイクでカバーしますよね。

ただ化粧を落とせばシミが隠れることはありません。

見るたびにため息・・・どうにかして薄くしたいですよね。

しかし日頃のスキンケアをしっかり行っていくことで、少しずつシミも薄くなっていきます。

また薄くなるまでシミをカバーするメイク術も一緒に紹介していきます。

季節に関係なくメラニン対策を。美白化粧水は毎日使用しましょう

「紫外線対策は夏だけすればいいや」

こう思っている人も多いと思います。

しかし紫外線は365日、毎日降り注いでいます。

そのためそういった油断が紫外線の蓄積をさせ、シミを作り出しているのです。

日焼け対策は毎日行うようにしましょう。

また美白化粧水を毎日顔全体に塗っていくことも大切なことです。

日頃浴びた紫外線によって作り出されるメラノサイトの動きを、根本から阻害していきましょう。

美白化粧品は季節関係なく1年を通して肌に与え続けることに意味があります。

シミのある気になる部分だけでなく、顔全体に使用していくことをオススメします。

ピーリングで肌のエクササイズ!排泄美白でメラニンを追い出す

例えばダイエットをする時、まず考えるのは「今ある脂肪を燃焼させる」ということですよね。

シミも同様に、出来てしまったメラニンを追い出すことから始めましょう。

そのために重要なのが週に1~2回の「ピーリング」。

すなわち肌のエクササイズです。

肌の代謝を上げて、加齢によって遅くなったターンオーバーを促し、メラニンを肌から排出させます。

ここでオススメなのが、肌に優しいミルクタイプやジェルタイプを使用するということです。

こするタイプのものは、肌に刺激を与え傷つけてしまう恐れがあるので逆効果です。

やさしくケアをしていくのがポイントです。

シミを目立させないメイクテクニック

続いてシミを目立たせないメイクテクニックについて紹介していきます。

まずファンデーションで隠しきれない濃くしっかりとしたシミには、カバー力の高い固形コンシーラーでナチュラルに仕上げていくのがオススメです。

固形タイプであれば、少量でもシミやニキビ、赤みなどもしっかりカバーしてくれます。

クリームタイプだと、カバー力が劣るため結果厚塗りになってしまいがちです。

自然に仕上げる場合は固形タイプを選択してください。

コンシーラーを塗った後は、仕上げ用のフェイスパウダーを使用することで安定したカバー力を維持することができます。

ただ時間が経つと、どうしても皮脂や汗、乾燥などの要因が重なって、化粧が崩れてしまいがちです。

かといって最初から厚塗りしすぎると化粧直しも大変です。

キレイな状態を保つために、化粧直しをこまめにしていくこともポイントです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする