パウダーファンデーションで肌に負担をかけずに確実にUVカット

「紫外線対策」と聞いて、一番に思い浮かぶのは日焼け止め化粧品ですよね。

しかし日焼け止めは使用量を守らないと、期待するほどの効果が得られないという意外に知られていない落とし穴があるんです。その量は大体500円玉大。

この量を塗ると、肌がベタついたり浮いてきやすくなったりして大変です。

実際にはこの量の半分ほどしか塗っていない人が大半だと思います。

たとえしっかり塗ったとしても、今度は肌に負担がかかってしまいそうで心配・・・、この量を毎日使うと費用がかさんで大変・・・など、いろいろな問題が次から次へと出てきます。

そこで私がオススメしたいのが「パウダーファンデーション」です。

肌に負担も少なく、使用量もそこまで多くないので確実にUVカットができます。

今回はパウダーファンデーションでの紫外線対策について紹介していきます。

日焼け止めよりも有能?!パウダーファンデーションが紫外線に強いワケ

日焼け止めよりも紫外線対策に有効なもの、それが「パウダーファンデーション」です。

実はパウダーファンデーションのパウダーは、紫外線を跳ね返す成分が配合されているため、日焼け止めと同じような効果を発揮するんです。

元々ファンデーション自体には紫外線散乱剤という紫外線防止効果のある成分が入っています。

製品によって「UVカット」の表記がないものもありますが、大半のものにはこの効果があります。

中でもパウダーファンデーションは確実にUVカットの効果があり、肌にもやさしいです。

塗り直しも上からサッとできるので簡単です。

ちなみにリキッドファンデーションやクリームファンデーションもある程度のUVカット効果は得られますが、パウダーファンデーションに比べれば顔料(粉)の密度が低いため、紫外線効果は少々劣ります。

パウダーファンデーション以外のUV対策オススメ化粧品

パウダーファンデーションのように、日常でUV対策できる化粧品はほかにもあります。

たとえば練り状のファンデーション。

顔料に加えて少量の油分を加えて練ったものです。

パウダーファンデーションよりもカバー力が優れていてメイクが崩れにくいのが特徴です。

またフェイスパウダー(粉おしろい)をパウダーファンデーションの代わりに使うこともできます。

軽いカバー力とUVカット効果も期待ができます。

あまり厚塗りにしたくないという方はこちらを選択したほうがいいかもしれませんね。

パウダーファンデーションの正しいUVケア方法と長く持たせるコツ

パウダーファンデーションはUV効果に優れているということがわかりました。

でもパウダーファンデーションって「時間が経つと粉浮きしそう」「メイクがすぐ崩れそう」と心配な声も多くあります。

しかし事前のスキンケアをしっかりしておけば、メイク崩れを阻止することも出来ますし、なにより綺麗な状態が長持ちします。

そこで、正しい手順に沿って詳しく説明していきます。

1.保湿美容液をつける

まずはじめにスキンケアです。

洗顔をした後に化粧水をつけ、セラミド配合の美容液などの保湿効果の高い美容液を多めにつけます。

2.粉浮きしやすい人はさらにクリームをつける

普段からファンデーションの粉浮きが気になる人は、下地代わりに保湿クリームを少なめに重ねづけます。

ただ鼻周りなどの脂が浮きやすい箇所、化粧が崩れやすい箇所は、クリームは塗りません。

3.10分ほど時間を置く

10分ほど時間をおき、保湿クリームや美容液が自分の皮脂と自然に混ざるのを待ちます。

4.ファンデーションをつける

時間が経ったらそのままファンデーションをつけます。

つけてすぐは若干粉っぽい仕上がりになると思いますが、時間が経てば自分の皮脂と自然になじんでくれるので心配いりません。

ただどうしても粉浮きが気になるという方は、しっとり仕上がるタイプのパウダーファンデーションを試してみるといいでしょう。

これで一通りの流れは終わりです。

メイク直しのコツ

時間が経つと少しずつメイクが崩れていきます。

その際はまず、あぶらとり紙を使って余分な皮脂を取りましょう。

ティッシュだと繊維で肌を傷つける恐れがあるのでNGです。

たとえ乾燥肌の人でもあぶらとり紙を使ってしっかりあぶらを取り除きましょう。

そのあとにメイクが落ちた部分を中心にフェイスパウダー(粉おしろい)をつけていきます。

ファンデーションで直すと厚塗りになってしまうのでオススメしません。

粒子の細かいフェイスパウダーを使用しましょう。

ダブル日焼け対策で紫外線を完全ブロックするための大事なポイント

海や山などの紫外線を多く浴びやすい場合は、パウダーファンデーションだけではカバーしきれません。

その場合は、パウダーファンデーションと日焼け止めのダブル使いをして対策していきましょう。

日焼け止めというのは、表示されている使用量を守って使わなければ、UVカット効果は実はあまり期待できないんです。

たとえパウダーファンデーションとのダブル使いでも、規定の使用量を守ることがポイントです。

次にどういった日焼け止めと合わせて使っていけばいいのかという点です。

日焼け止めってローションタイプやスプレータイプ、ジェルタイプなど様々な種類があるので、正直どれを使っていいのかが分からないという方も多いと思います。

上記に挙げたタイプはどれも人気が高いのですが、ほとんどのものは肌の刺激となる紫外線吸収剤が主成分となっています。

紫外線吸収剤の入っていないもの(ノンケミカル)となると、クリームタイプや乳液タイプに多いようですが、ノンケミカルだと今度は肌を乾燥させてしまうこともあります。

日焼け止め選びは自分の肌質に合わせて選ぶ必要があります。

また敏感肌の人は日焼け止めを使用することで肌荒れを起こしてしまうこともあります。

そういった場合は、パウダーファンデーションを少々厚塗りにし、帽子や日傘、サングラスなどでカバーすると、日焼け止めなしでもしっかり紫外線対策が可能です。

日焼け止めに表示されているPA・SPF・ノンケミカルってなに?

ところで日焼け止めに表示されているPA、SPF、ノンケミカルってなんのことかご存知ですか?

どの日焼け止めにも記載されているので、誰しも必ず一度は見たことがあると思います。

なんとなく、数字が高ければ高いほど効果も高いというイメージですよね。

ただそれぞれにはもちろんですがちゃんとした意味があります。

知っておくと今後日焼け止めの見方が変わって選びやすくなりますよ。

PA

PAというのは、紫外線A波(真皮にダメージを与えて老化を促進させるもの)を防御する力のことを指します。

「+」の3段階で表示がされ、+が多ければ多いほど効果は強くなります。

SPF

SPFというのは、紫外線B波(赤くなってヒリヒリする日焼け=サンバーンを起こす)を防御する力のことを指します。

SPFのあとに続く数字。あれは、何も塗らない状態と比べてサンバーンが起こるまでの時間を何倍にのばせるかの目安になっています。

基本的に夏の紫外線を浴びた時、サンバーンを起こすまでの時間は20分といわれています。

たとえばSPF30のものだったら、その30倍、つまり20分×30倍の600分までのばせるということになります。

ノンケミカル

日焼け止めの成分には、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。

紫外線吸収剤は、肌の上で化学反応を起こすので、刺激が強く肌荒れを起こす危険があります。

紫外線散乱剤は、刺激はそこまで強くはないが酸化チタンなどの金属の粉を含むので、若干肌が乾燥しやすくなります。

こういった吸収剤を含まない日焼け止めのことを「ノンケミカル」といい、こういった表記がされている場合があります。(紫外線吸収剤フリーと表記されていることもあります)

日焼け止めとパウダーファンデの最強UVケアでダブルブロック

最後に、日焼け止めとパウダーファンデーションの効果的な活用手順を紹介します。

1.日焼け止めを顔全体に塗る

日焼け止めを顔全体に塗ります。

それぞれの日焼け止めに記載されている規定量を塗ってください。

2.頬骨の上には重ね塗り

頬骨の上は日焼けしやすかったり、シミができやすい箇所なので、日焼け止めを重ね塗りしておきましょう。

3.ファンデーションをつける

その上からパウダーファンデーションをしっかりめに塗ります。

汗や皮脂で崩れてきたら、パウダーファンデーションを塗り重ねていきましょう。

生理前や妊娠中は入念なUVケアを

女性の場合、生理前や妊娠中などホルモンが乱れる時はシミができやすくなるので、入念なUV対策をする必要があります。

妊娠後は忙しく、なかなかスキンケアに手が回らない方も多いとは思いますが、外出時には最低限ファンデーションを塗るか日焼け止めを塗ってカバーするようにしましょう。